雨水槽警報対応!(事例紹介#17)

  • ご依頼内容
  • 雨水槽の異常警報を受け、対応に駆けつけました。
  • 現着時の状況
  • ①現着時、警報盤の雨水槽異常警報を確認。
  • ②ポンプの制御盤には、No.1ポンプに対し過負荷を示すエラーコードが表示されていました。
  • 対応内容
  • ①雨水槽の点検を開始。
  • ②ポンプを引き上げ、状況を確認。
  • ③ポンプ吸込口に異物を確認。(過負荷の原因)
  • ④同上(軍手が吸い込まれていました)
  • ⑤ポンプ異物撤去後
  • ⑥異物撤去後、正常に作動することを確認。
  • ⑦No.1、No.2共にポンプの電流値を測定。
    異常がないことを確認し、作業終了。

今回は雨水槽に流入した軍手をポンプが吸い込んでしまったことによる、ポンプの過負荷異常の対応でした。
過負荷にはいくつか原因がありますが、今回のように異物が詰まるとポンプの負荷が上昇し電流値が上がってしまい、警報が発報されます。
排水槽には思わぬものが流入し、今回のような症状が起こることがあります。
こんなものがどうしてここに?と思う事も少なくありません。

このようなトラブル発生時に、警報が正しく発報されるように定期的に点検しておけば安心ですが、そうでない場合は大きなトラブルに発展するまで気づかないこともあります。
緊急対応の他、排水設備の定期メンテナンスもお気軽にご相談ください。

【宇都宮市内の皆様へ】
宇都宮支店を開設いたしました。
宇都宮市指定給水工事店の認可も受け、市内の緊急対応依頼を多く受け付けております。
宇都宮市内の水回りトラブルは一度弊社までご相談ください。
○宇都宮支店 TEL:028-612-2985
または問い合わせページより

  • 緊急対応事例一覧へ