汚物流し(SK)排水詰まり対応!(事例紹介#09)

  • ご依頼内容
  • 掃除用具洗い場の汚物流しが詰まってしまった。
  • 現着時の状況
  • ①汚物流しから水が排水されず、水が停滞している状況でした。
  • ②同上
  • 対応内容
  • ①ローポンプによる真空圧で詰まりの除去を試みました。
  • ②改善が見られなかったため、流し台を脱着し状況を確認しました。
  • ②流し台に計量カップのようなものが挟まっていることを確認しました。
  • ③同上(今回の排水詰まりの原因)
  • ④流し台復旧の際はガスケットを新しくしないと水漏れの原因となります。
  • ⑤復旧後、正常に排水されることを確認し作業終了です。

今回のような掃除用の流し台の事は「汚物流し」、「汚物シンク」や「SK」と言います。
流してしまったカップが透明だったので、落としたことに気づかず流してしまったのかもしれません。
今回のケースとは別に、こうした汚物流しやトイレではメガネや携帯電話を誤って流してしまうというケースが稀に起こります。
脱着や復旧には専門の知識が要りますので、お困りの際は慌てずに弊社までお電話ください。

【宇都宮市内の皆様へ】
2020年始めに宇都宮支店を開設いたしました。
宇都宮市指定給水工事店の認可も受け、市内の緊急対応依頼を多く受け付けております。宇都宮市内の水回りトラブルは一度弊社までご相談ください。
○宇都宮支店 TEL:028-612-2985
または問い合わせページより

  • 緊急対応事例一覧へ